さがなし(イジワル)

★解説

「さがなし=性なし」の「性(さが)」は、文字のごとく「性格」「性質」を表す語です。

「さがなし」とはつまり「良い性質がない」という意味で、平たく言うと「意地悪(いじわる)、性悪(しょうわる)」という事になるのですね。

🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓
★オリジナル古文を作る

職場のリーダーが意地の悪いお局でサ、新人が次々に辞めていくの・・・。

「さがなし」を使って、上記の現代文を古文に直してみましょう。
一語ずつ直していきますよ。

職場の→「職場の」

リーダーが→「リーダーぞ」(「ぞ」は強調)

意地の悪い→「さがなき」

お局でサ→「お局にて」

新人が→「新人の」

次々に→「次々」

辞めていくの→「辞めゆくなり」

「職場のリーダーぞさがなきお局にて、新人の次々辞めゆくなり・・・」