ひがひがし(ヘンクツな・・)

★解説

「ひがひがし=僻僻し」は、動詞「僻む(ひがむ)」から生まれた形容詞で、「ひねくれている、素直でない、偏屈な・・」といった様子を表します。

古語には「僻(ひが)」が接頭語となっている単語がいくつもあり、「僻事(ひがこと)」は「間違ったこと」ですし、「僻目(ひがめ)」「僻耳(ひがみみ)」は、それぞれ「見間違い」「聞き違い」を意味しています。

🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓
★オリジナル古文を作る

おじいさんに席を譲ろうとしたら、「年寄り扱いするな!」って怒られちゃった。あーいうのを偏屈って言うのよネ・・。

「ひがひがし」を使って、上記の現代文を古文に直してみましょう。
一語ずつ直していきますよ。

おじいさんに→「翁に」

席を→「席を」

譲ろうとしたら→「譲らむとせしに」

年寄り扱い→「年寄り扱ひ」

するなって→「なせそと」(「な~そ」は禁止の語)

怒られちゃった→「むつかられつ」

あーいうのを→「あれを」

偏屈って→「ひがひがしと」

言うのよネ→「言ふべし」(「べし」は確信)

「翁に席を譲らむとせしに、年寄り扱ひなせそ!とむつかられつ。あれをひがひがしと言ふべし・・」

 

One Reply to “ひがひがし(ヘンクツな・・)”

  1. I simply needed to thank you so much once again. I am not sure the things that I would’ve implemented without the type of recommendations provided by you on such a question. It previously was a very frightful dilemma in my opinion, however , noticing the very specialised mode you processed that made me to leap over gladness. I am just happy for this information and in addition hope that you know what a great job you are always getting into teaching people thru your web blog. More than likely you have never got to know any of us.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。